干物女の出会いはどこにある!?女子力が低い干物女子の結婚・婚活成功方法

himono1

最近では、様々な事を面倒くさがり、適当に済ませてしまう女性「干物女」が増えていますね。

女子力が低く恋愛を放棄しちゃっている「干物女」でも、男性と出会いたい、婚活したいという思う女の子も多いのではないでしょうか?

なかなか恋愛に前向きになれない「干物女」のために、男性との出会いの作り方と、婚活を成功させる方法を紹介します。

干物女の出会いの作り方とは?

himono2

干物女はどのように男性と出会いを作ればいいのでしょうか?

実際に、干物女でも「男性と出会えた方法」や「婚活の成功方法」の体験談や口コミを紹介します。

20代/女性
干物女がまず男性と出会うには、外に出る事を面倒くさいと思わないようにする事です。
私もどちらかというと家にいるのが大好きで、家に帰るとすぐに部屋着に着替えゴロゴロ。
家に入ってしまうと友達から誘いの連絡が来ても着替えたり、化粧するのが面倒くさいと感じてしまい、出るのが億劫になってしまい、結局毎日同じ生活の繰り返しになってしまうということなんです。

干物女は家に戻るまでが勝負だと思うので、なるべく予定を入れてすこしでも外にいる時間を多くするといいと思います。
何かのついでであればそこまで苦にならないと思うので、そこから新しい出会いを探すべきだと思います。

もしくはあえて反対のアクティブな男性を紹介してもらう事で、自分の中で外に出る事の面倒くささが気にならなくなるかもしれません。
人を好きになると、その人に好かれたいと頑張る気持ちがエネルギーに変わると思うので、もしかしたら出会う男性であなたの生活環境が大きく変わるかもしれません。

そうやって考えると、人と出会う事は決して億劫ではなく、新たな自分との発見に繋がるかもしれないのです。
時々は干物女に戻って自分のリラックスできる時間を確保しつつも、出会いを見つける時間も自分の中に取り入れて行くといいと思います

30代/女性
干物女とは、女子力の低い女性の事ですね。
周りにも居ます。
彼女たちが男性と出会うには、まず自分の外見に対する意識改革が必要です。
自分なりに可愛いなと思える髪型を目指したり、雑誌などで研究して服装を変える。
現状のままでは、出会いや婚活って難しいと思います。
男性に対してもあまり免疫が無いのでは?と思います。

そんな場合は、まず職場とか身近な男性を練習台にして、無理なく世間話が出来るようになれたら良いなと思います。
外見を変えることが出来れば自分に自信が持てて内面も変わってくる。
その外見を変えるにはどうすれば良いか。
自分のお友達など、可愛い女性と積極的にかかわってみることです。
必ず何らかの刺激を受けることでしょう。

いきなり婚活とかする前に、まず周りの人たちと円滑なコミュニケーションを図って行く。
そこそこ上手くなってから知り合いのツテを利用するとか、合コンに行くとかして、出会いのチャンスを自ら作る。
外見を変える努力が出来ない人は、ありのままの自分を受け入れてくれる男性を探す。
人の好みも様々で、化粧していない方が良いとか、おとなし目の人が良いなど地味なタイプを好む男性も中には居ます。

20代/女性
私は、家でダラダラと過ごすことが大好きな20代を過ごしていました。
仕事が朝早く夜遅くまで残業があるような、職種で週末くらいは昼まで寝ていたいたいし、ダラダラ過ごしていたいと思っていました。
しかし20代後半になると、周りの友人たちが続々と結婚しだし、自分も少し焦り始めました。
でも今から知り合って、何か月かして付き合って、その後何年か付き合って結婚となると30超えてしまいそうだし、子供も何人かほしいことを考えると、いといろなことを順序立ててやるのがめんどくさいと干物女の私は思ったので、結婚サイトに登録しました。

まず男性と知り合うためにあれこれ出かけたり、友達に無理やり紹介してもらったりすることも無しです。
サイトでは、身分証明書提出で、記入事項の多いしっかりとした評判の良いところにしました。
登録すると、メールがたくさん来て、その中で気が合いそうな人と仕事から帰ってきた後、寝る前だけ少しメールしていました。
その後ほんとに会ってデートをして、付き合うことになりました。

しかも出会ったサイトが婚活サイトなので、お互いに結婚をしたいので、話もとんとん拍子に進み、結婚しました。
干物女子で面倒くさがりや、時間がない人には、こんな出会いもいいのではないでしょうか。

20代/女性
干物そのものです。
職場しか出会いの場がないので、20代後半でしたが髪を染めたりファンデーションぐらいは叩いて会社へ行ってました。
女性が少ない会社だったので、とびきり可愛いとか綺麗でなくても、その程度の事でモテました。

いつもパンツスタイルならスカートを穿くだけでも男性の目線はかわります。
でも、ミニスカートや露出の多い服装はかえって敬遠されます。
干物でも洗濯は最低2日に一度はします。
実家暮らしなら毎日洗濯してもらってもいいので、常に綺麗なハンカチやハンドタオルを持ち歩き、服の裾で手を拭くところなんか男性の前では見せません。
既婚男性も年配男性も、たとえ自分の好みの男性でなくても、男の人の居るところでは最低限の清潔感を保ち、話しかけられたらニコニコ対応するだけでいいんです。

誰か一人の男性に気に入られればそのうち周りが交際へ向けてサポートしてくれます。
生理的に受け付けない人でなければ、たとえドストライクのタイプでなくても、その後交際に発展しても上手くいきます。
交際が始まったら、料理が苦手でも水筒を持ち歩くだけで印象は良かったです。

実際に干物女が理想の男性と出会えた、婚活が成功した方法は、まずは積極的に外に出ること、結婚サイトなどのネットでの出会いが多いようですね。
やはり、男性と出会う機会を増やすために、積極的に自ら行動することが大切ですね。

himono3

でも、積極的に行動しても、なかなか良い人と出会えることは少なく、運良く出会えたとしても男性が恋愛を求めていない場合もありますよね。。。

そんな時にオススメなのが、「ネットを利用した出会い」です。

ネットでの出会い、「出会い系サイト」や「婚活アプリ」を使えば、登録している男性は出会いを求めている人しかいません。
また、初めからお互いの情報を知って会うことができるので、そのあと結ばれる確率はぐんと上がります。

⇒「干物女でも出会える」出会い系サイトランキングはこちら

しかも、数百万人もの多くの男性が登録しているので、あなたが「女子力の低い干物女」であったとしても、あなたを受け入れてくれる男性は必ずいます。

いま、出会い系サイトでも女性の会員数が多く、求めている異性と出会える確率が一番高いサイと言われているのは「PCMAX」(R18)です。

PCMAXであれば、高い確率で「干物女を受け入れてくれる男性」に出会うことができます。

PCMAXで出会えなければ、

「他の出会い系サイトや婚活サイトでは出会えない」

と言われているほど、「PCMAX」(R18)ではほとんどの利用者が出会えている実績があります。

その後も気が合えば「付き合ったり」「肉体関係」になったり、うまくいけば「結婚」までいくこともあります。

女性であればPCMAXは登録料も利用料もすべて無料ですので、出会いのきっかけを作るには、一切お金もかからないため非常にオススメです。

登録は2分ほどで完了しますので、

「最近良い出会いがなかなか無い」

と思う人は、今日からでも簡単に行動できる「出会いのきっかけ作り」を始めてみましょう。

プロフィール欄に「インドア」などと書いている男性にメッセージを送れば、仲良くなれたり、恋に発展する可能性が高いので、一度メールしてみるのをオススメしますよ♪

⇒「干物女でも出会える」出会い系サイトランキングはこちら